6月分体重グラフを公開しました。

2021年6月分 体重グラフのダウンロード

オリンピック開催まで2ヶ月を切りました。

開催する・しないの判断基準が示されることもなく、政府は何がなんでも開催に踏み切るようです。
もはや狂ってるとしか言いようがありません。


最近も、学徒動員のような小中学生への観戦要請(感染要請というべきでしょうか)、聖火ランナーに並走するスポンサーの宣伝車、わざわざ人を集めるパブリックビューイングの設営など、あきれることばかりです。
「五輪貴族」なる人たちの存在も明らかになってきました。


丸川大臣は「五輪で絆を取り戻す」と言います。

確かに、選手が気力を尽くして戦う姿を見ると力づけられるものです。
しかしそれは、見る者に “力づけられるだけの余裕” があってこそ。

今現在コロナで苦しんでいる人々
− 病床に伏せている人、医療現場で日々限界の人、残業続きの行政の人、飲食・観光経営の人、仕事がなくなった人  −
これら本当に助けを必要としている人たちにとって、オリンピックなどどうでもいいことでしょう。

オリンピックで勇気をもらえる人というのは、コロナで「ほどほどに不自由している」人たちであって、決してコロナで「生きるか死ぬか」の状態にある人たちではありません。


政府の中にも安全に開催できると本気で思っている人など1人もいないでしょう。

世論がこれだけ反対しているのに開催を強行するということは、それで得をする人がいるということです。
いっそのこと、「これこれの理由により、中止したくてもできない」と言ってくれたほうがどれだけマシでしょうか。


「平和の祭典」とか「感動をありがとう」といった美辞麗句で飾られるオリンピックですが、はからずもコロナのおかげで、その実態がいかに醜悪であるかが明らかになりました。

そもそもオリンピック自体、そんなに大切なものなのでしょうか。
4年に1度しか開催されないイベントではありますが、そのイメージのほとんどが “希少価値” に乗じて儲けをたくらむ人たちによって作り上げられたものです。

「この東京大会は世界中の人々が新たな光を見出すきっかけになる」
丸川大臣はそう言います。

さて、今年の梅雨入りは記録的な早さとのことです。
その分だけ梅雨明けも早くなってくれるといいのですが、どうなりますか。

(2021年6月14日追記:と書きましたが、関東甲信地方は本日梅雨入りで、平年より7日遅いとのことでした ^^;)

コロナで行動が制限されている上に雨が続くとなると、ますます身体を動かす機会が失われます。
体調のバロメーターでもある体重の維持管理に、イージーダイエットの体重グラフをご活用ください。

4月の桜、5月の新緑につづいて6月分についても季節限定バージョンを作成しました。
ご興味のある方は こちら からどうぞ。

2021年6月分の体重グラフ

翌月初めまでの公開予定です。
公開期間中は何度でも無料でダウンロードいただけますので、初めての方もお気軽にお試しください。

※ 体重シートの種類についてはこちらのページでご紹介しています。→体重シートの種類

■ Excel版体重グラフ(目盛りは自由に設定可能)

■ Excel版 5kg幅

■ Excel版 10kg幅

■ PDF版体重グラフ(体重・体脂肪率の目盛りは設定済み)

■ PDF版 5kg幅

■ PDF版 5kg幅 ロゴ入り

■ PDF版 10kg幅

■ PDF版 10kg幅 ロゴ入り

■ PDF・空白版(印刷後、自分で目盛りを記入)

コメント

タイトルとURLをコピーしました